ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(7月21日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●旭川和食ism
○旭川やきとりismの姉妹店(今年6月にオープン)
 旭川市内の名店で修業した料理長が素材と調理法にこだわった美食を提供。
○お薦めは長崎産の新鮮な釣り鯖を使った料理でイチオシは“しめ鯖の刺身(980円)”
 みずみずしい口当たりにまず魅了される。酢は極めて控えめ。
 鯖の味わいをしっかり堪能した次の瞬間、しめ鯖が鮪のトロのように溶けていった。
 辛口の日本酒と相性良いが、口に残ったうま味を酒で流してしまうにはもったいない。
 もうどうしていいか分からないくらい旨い。
○“鯖の押し寿し(1,280円)”も絶品。
 鯖とご飯の間に忍ばせたガリがアクセントを与えてくれるのも嬉しい。
○鹿児島産焼酎“森伊蔵(もりいぞ・グラス1,280円)”など全国の銘酒も。
  
●旭川和食ism
旭川市3条通6丁目ステップファーストビル2F
TEL(0166)24
【時間】18:00~深夜3:00(2:00LO)
【定休日】日曜日(日曜日が祝日の場合営業、月曜休)
●22席●個室有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
7/21旭川和食izm

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(7月14日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●旬肉と旬菜とはち
○肉屋の肉料理専門店で、時代を先取りした個性的で新しい肉料理を開発し続ける。

○新メニュー“石鍋飯(900円)”がお薦め。熱々に焼かれた石鍋の中にご飯、コショーを振った牛肉とコーン、バターが乗ってジュージューと音を立てて登場。
 それを混ぜ、牛肉に火が通ったらしょう油ベースのソースをかけるビビンバスタイル。
味を想像してみて欲しい。バターしょうゆご飯・・・。バターしょうゆコーン・・・。バターしょうゆビーフ・・・。うまくない訳がない。

○同じ石鍋の“石焼きステーキガーリックライス敷き(2人前3,200円から※夜のみ)”。牛肉も旨いがニンニクしょう油で炒めがガーリックライスが旨い!!
 メーンディッシュがガーリックライス!!
  
●旬肉と旬菜とはち
旭川市5条通9丁目コスモビルB1
TEL(0166)29-2918
【時間】11:00~14:30・17:30~22:00
※ランチタイム禁煙
【定休日】日曜日・祝日

《尾崎さんからのお知らせ!!》
○8月28日の日曜日、午後2時~6時
 第3回大人塾・北極男物語
 冒険家の荻田さんのトークライブ
 野外料理を作って食べよう

○次回は新しい和食屋の鯖料理

7/14肉のとはち

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(6月30日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●オンザテーブル
○東川の道の駅の正面にあるカフェで、隅々まで手作りの料理。
○この夏限定の“海南鶏飯(ハイナンジーファン・900円)”。
 マレーシアやシンガポールなど東南アジア周辺で食べられているチキンライス。
 老抽王(ロウチュウワン)と言う中国しょうゆ、チリソース、ネギソースの3種のソース付。
 中国しょう油が異国情調を感じる味で刺激的にうまく、言葉が見つからない。
 うま味の固まりなのでしょう。3種をご飯に乗せて混ぜて食べると深い味わい。
 7月末まで味わうことができる。

○熱烈なファンが多い昔懐かしい“ナポリタン(800円)”や
 おろし立ての生姜が刺激的な“ポークジンジャー(950円)”も絶品。
 
●オンザテーブル
上川郡東川町南町1丁目
TEL(0166)73-6328
【時間】[喫茶・食堂]11:30~19:30
[酒場/金、土、日曜日のみ営業]19:30~深夜0時
【定休日】第1・第3火曜日、水曜日
●禁煙●00席●P有●小上がり有り

※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
オンザテーブル6/30