ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(11月19日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●四季彩葉月(はづき)
○サンロク街で人気の“新和食町家(まちや)”の店長を務めていた鈴木氏がオーナー

○増毛や羽幌など日本海から届く“寒平目(1,000円)”も今が旬。器の色が透けて見えるほど薄く切り分けられた刺身は新鮮ならではのサックリとした歯触りで
 もみじおろしを添えポン酢でいただくもよし。すだちを搾り海塩でいただくもよし。

○オーナーのお薦めをお願いすると“蓮根餅と真ダチ揚げ出し(900円)”
 すり下ろしたレンコンを白玉粉でつなぎ、かたくり粉をまぶして揚げたレンコン餅は素材の甘さとうま味が閉じ込められている。生ノリが浮かぶカツオダシが効いたつゆをいただくと、上質な磯の香りが広がり非日常な幸せに包まれる。真ダチの天ぷらも甘さと独特のコクがあり、口の中でレンコン餅と主役の座を奪い合っているようだ。

○“生ガキ(1個420円)”も今が旬。
 厚岸が有名だが、オーナーのこだわりは漁師直送の釧路町仙鳳趾(せんぽうし)産。
 身の大きさと味の濃さが特徴で、濃厚なうま味が余韻を残す。

○“四季彩葉月”は何を食べても格別にうまく、
 期待を裏切らない和食処なのだ。

●四季彩葉月(はづき)
旭川市1条通7丁目・TEL(0166)85-7685
【時間】17:00~深夜0:00【定休日】日曜日
●16席(半個室有)※全席テーブル席
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
1119葉月

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(11月12日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

● 助安農場
○鷹栖町の米・野菜農家で、冬季限定の生椎茸が店頭に並び始めた。
 ジャンボ椎茸”の相性で親しまれている“生椎茸(3~4枚入り売価350円ほど)”。
 直径10センチを超えるビッグサイズもある。
 スーパーで販売されるのは1日限りで、残ったら自家製“干し椎茸(45g594円)”に。
 さらに粉砕して調味料として使える“椎茸パウダー(30g324円・60g648円)”に。

○生椎茸の美味しい食べ方は、クキを切り分け、ヒダを上にしたカサと一緒に
 フライパンに乗せて、バターを溶かし中火で数分焼く。
 表面に水滴が出てきたらヒダにお酒小さじ1杯とバター1かけ、しょうゆを垂らし、フタをして1分間ほど蒸し焼きすればできあがり。
 菌でできているとは思えない、みずみずしくジューシーで甘さと旨味濃厚な逸品に。

○パウダーはみそ汁など汁物に、小さじ1杯加えるだけで甘さにも似たうま味広がる。プロが使う天然の調味料。

○旭川市内のコープさっぽろ、イオン、ホクレンショップ、ダイイチ、トライアルの全店

●有限会社助安農場
上川郡鷹栖町11線11号・TEL(0166)87-3612
【時間】9:00~16:00【定休日】日曜日・祝日
※農場でも購入可能
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
助安農場

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(11月6日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●リゲルカフェ
○ランチは1種類で大人気のカフェ
 2006年(平成18年)のオープン以来、昆布やカツオでだしを取り、自然の塩や砂糖などの調味料で味付けをし、添加物やうま味調味料とは無縁の、手作りに徹した料理を提供

○“リゲルランチ(1,100円・アイスドリンク付1,200円、ホットドリンク付1,300円)”
 オーナー出身の浜頓別から届く新鮮な刺身や魚介料理の他は、ほとんど野菜。
 しかも使う食材は40種類以上で、野菜中心のヘルシーなおかずが11種類。
 数種のサラダ、酢の物、炒め物、煮物、煮こごりなど、季節によって内容が替わる。
 さらに炊き込みご飯と、沖縄の海塩“ぬちマース”で味を調えた季節のスープ。
 一口ごとに幸せな気持ちに包まれてゆく。

○1日20食限定で、売り切れることも多い。

●リゲルカフェ
旭川市末広5条8丁目・TEL(0166)57-1680
【時間】11:30~16:00【定休日】日曜日
●店内禁煙●24席(小上がり有)●P有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
リゲル