ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月29日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●カフェレストランバーチ
○美瑛町市街から白金温泉まで続く通称“白樺街道”に面したログハウスのカフェ
 青い池が人気で、夏場は観光客であふれていた道

○お薦めは“ビーフシチュー(サラダ付1,400円)”
 鉢のような器の上に焼きたての道産小麦のパンがふたになった、個性的なスタイル。
 パンをはずすと器の中から湯気と共に、デミグラスソースの香りが漂う。
 パンが味わい深くておいしい。
 シチューはトマトや赤ワインの酸味が利いた、ちょっと大人な味わい。
 ビーフは脂身の少ない部位を使っているためソースの口当たりがとても軽やか。

○“スイート坊ちゃんかぼちゃ4分の1カット(450円)”は小ぶりなカボチャをくり抜いて、生クリームやカスタードクリームを詰めオーブンで焼いた野菜スイーツ。
 今が旬。

●カフェレストランバーチ
上川郡美瑛町美沢美生・TEL(0166)92-1120
【時間】11:00~16:45(LO)
【定休日】11月~4月 水・木曜日、5月~10月 水曜日
●禁煙●P有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
バーチ

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月22日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●ヨシノリコーヒー
○今年の4月にオープンした、スペシャルティコーヒー専門店。
 ドイツの“PROBAT(プロバット)”の焙煎機で自家焙煎する。
 日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)が基準を定めるコーヒーで
 際立つ印象的な風味特製があり、生産国や生産者などが明確で品質管理が適正になされているなどの厳しい条件が設定されている。
 全流通量の5%と希少で、品種は季節などで変わる。
 一方基準をクリアしたコーヒー豆を生産している農園は完熟したもののみを一粒ずつ人が手摘みしていたり、農薬を使わない栽培方法を取っているケースが多いという。

○特徴として強い苦みがなく、まろやかな深い風味が感じられ、コーヒー嫌いでも驚くほど美味しく頂けるコーヒー。

○カップ売り330円(テイクアウト、イートン可)、1杯分ドリップパック入り150円。

○コーヒーの焙煎はSCAJコーヒーマイスターの 轡田(くつわだ)芳範氏だが会社員なので、妻の紗世マネージャーが平日の店長。
 
●ヨシノリコーヒー
上川郡東川町北町12丁目11-1・TEL(0166)56-0099
【時間】11:00~17:00【定休日】水・木曜日
●禁煙●P有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
ヨシノリコーヒー

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月15日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●パンとお総菜古伊万里(こいまり)

○10月8日で28周年を迎えた人気のカフェ“古伊万里(こいまり)”。
 昨年12月、店舗裏のパン工房で総菜と弁当のサービスを始めた。
 愛別産きのこをはじめ近郊野菜、冷凍していない知床ポークや伊達産鶏モモ肉など食材選びのこだわりは深い。
青森のワダカンしょうゆや、海塩、道産昆布など調味料やダシも厳選し、控えめな味付けの総菜を提供。
 そして、スタッフの女性がメッチャ美人。

○毎日手づくりされる総菜は野菜を中心に20種類。
 一番人気の“にんじんのたらこまぶし(1パック160円)”、“南瓜のそぼろあんかけ(1パック150円)”、“うの花(160円)”“きんぴらごぼう(160円)”、“鶏の唐揚げ(200円)”などヘルシーな料理ばかり。
 そして、スタッフの女性がメッチャ美人。

○1パックずつ購入することもできるが、少量ずつ8種類を詰め合わせた
 “日替わりおかず8品セット(540円)”や、総菜6種類とふっくら炊きあげた東川米のご飯を詰め合わせた
 “日替わりお弁当(650円)”もある。
 そして、スタッフの女性がメッチャ美人。

●パンとお総菜古伊万里(こいまり)
旭川市豊岡3条3丁目6-14
TEL(0166)33-2217
【時間】11:00~18:00
【定休日】日・月曜日
●P有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
古伊万里

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月8日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●笹寿し

○地元で親しまれているファミレスのような飲食店

○秋限定の“生サンマ丼(900円)”を提供中。
 キョクイチに届いた、脂乗りの良い大型の道東産生サンマ1匹使用。
 食べやすいサイズに切り分けられ、東川米を使った酢飯の上に盛り付け。
 生姜しょう油を掛けて食べるのが笹寿し流。
 新鮮なので脂が格別に甘いが、口当たりが軽い。
 今年はサンマが高いが、旬なので食べましょう!!

○自家製味付けした“いくら丼(1500円)”も好評。

○一年を通して人気なのがうま味調味料を使わないこだわりの“正油ラーメン(700円)”。
 1日60杯限定のメニューだが、スープはほぼ毎日完売している。
 旭川や近郊のしょう油ラーメンで一番旨いと評価する客も多く、自分も同感。

●笹寿し
上川郡東川町南町1丁目・TEL(0166)82-2747
【時間】11:00~21:00
【定休日】第1・第3日曜日
●P有●小上がり有り
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
笹寿し

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月1日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●名力士

○創業から18年間、人気のちゃんこ鍋専門店

○鶏や豚のうま味を引き出したコラーゲンたっぷりの自家製スープ。
 海塩のまろやかな塩気で味を調え、化学調味料は不使用。
 具材の鮮度(生)や品質、サイズなどにも深こだわり。

○お薦めは“名力士ちゃんこ鍋(1人前4,212円)”。
 みずみずしいタラバガニ足、歯触りのよいホタテやボタンエビ、鶏肉、野菜などたっぷり。
 熱々のスープはうま味が凝縮した感動的なおいしさに一口で心が奪われる。

○最も安いちゃんこ鍋は“豚ちゃんこ鍋(1人前2,376円)”で、注文は2人前から。

○ランチは“ちゃんこらーめん(900円)”や、“お一人様ちゃんこ鍋(900円)”など、リーズナブルなメニューがある。
 これでも十分満足でき、特にちゃんこらーめんは無化調で絶品。

●名力士
旭川市永山5条5丁目・TEL(0166)46-3300
【時間】昼/11:30~スープ完売時閉店(連日13時頃)
夜/17:30~スープ完売時閉店
(土・日・平日の祝日は夜のみ営業)
【定休日】月曜日・第4火曜日
●P有●掘りごたつ・小上がり有●53席
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
名力士