ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月20日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●和食沁幸庵(しんこうあん)

○サンロク街で人気の和食処“雪屋”の姉妹店の和食処。
 “幸せが心に沁(し)みる小さな店”を意味する“和食沁幸(しんこう)庵”。
 新鮮な旬の味覚を中心に走りや名残の食材を組み合わせ、非日常を味わう和の技。

○これからの季節のお薦めは、脂が乗った“サンマの柚庵(ゆうあん)焼き”。
 サンマをしょうゆやミリンで漬け込み、愛別産マイタケと一緒に焼いたひと品。
 単品メニューにはなく、4,000円と5,000円のコース料理(90分飲み放題付)で。

○料理長のお薦めは“米ナスとエビの揚げ出し(800円)”。
 一口サイズの米ナスにブリットした歯触りのエビを日高昆布とカツオのうま味が染みたあんが包んだみずみずしいひと品。

○最近料理人を募集しても全く来ない店が多いのに、今4軒目を準備中の雪屋。

●和食沁幸庵(しんこうあん)
旭川市3条7丁目つかさビル2階
TEL(0166)24-3240
【時間】17:30~22:00【定休日】日・祝日
●席数24席●掘りごたつ有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
沁幸庵

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月13日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●パンとコーヒーの店BLOOM(ブルーム)

○深川で人気のパン屋さん。
 白神こだま酵母と自家製酵母を使い分け、道産小麦おいしさを引き出したパンを焼く。
 ハード系も少し軟らかなため、硬めが好きな人には物足りなく感じるかも知れないが、小麦のおいしさが引き出された味わい深さがここのパンの魅力。

○パンそのもののおいしさが味わえる“バタール(280円)”。
 道産小麦の“はるゆたか”に帯広産小麦“ラ・リュンヌ”をブレンドし自家製酵母で醗酵。
 噛むほどに小麦のおいしさが喉の奥まで広がり、香ばしさという“幸せ”に心が包まれる。

○お薦めは“ブルーベリーとクリームチーズ(260円)”。
 全粒粉を自家製酵母で醗酵させたふくよかなおいしさのパン。
 ドライブルーベリーのほどよい甘さと酸味、道産クリームチーズのコクが味に賑わいを。

○エスプレッソマシーンで入れ立ての“カフェラテ(350円)”も優しい味。
 ドリンク(ホット・アイス)は、パン購入1個に付き40円引き。

●パンとコーヒーの店
BLOOM(ブルーム)
深川市2条6番29・TEL(0164)37-1623
【時間】10:00~18:00
※テイクアウト※パン・焼き菓子は無くなり次第終了
※コーヒーは閉店まで
【定休日】火曜日、第2・第4月曜日●P有
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
フ_ルーム

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月6日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●美瑛放牧酪農場

○脂肪分の高いブラウンスイス牛や、ジャージー牛、ホルスタイン牛を放牧する牧場と、低温殺菌したミルクを原材料に乳製品を加工する施設とカフェが併設。
 加工施設はガラス張りで、清潔な環境で加工品が作られているのがよく分かる。

○お薦めは“ソフトクリーム自家製コーン(400円)”。
 新鮮なミルクの風味が凝縮したふくよかなおいしさと、シルクのような滑らかな口当たり。
 美瑛産小麦と自家製バターを使い毎日焼き上げるコーンが香ばしく美味しい。

○“低温殺菌牛乳(ビン180ml320円)”は、牧草を食べているので脂が軽いが味は濃厚。

○“飲むヨーグルトカップ(300円)、“ミルクプリン(350円)”、“美瑛ワッフル(200円)”など。

○東京のパンメーカーが、新しいパンを作るために平成21年に美瑛にオープン。
 美瑛産小麦を使った東京の直営店食パン専門店“セントルザ・ベーカリー”で
 乳製品を使用。

●美瑛放牧酪農場
上川郡美瑛町字新星平和TEL(0166)68-6777
【時間】10:00~17:00【定休日】火曜日
【営業期間】ゴールデンウイークから11月中旬
※冬季閉店●10席●P有●禁煙
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
美瑛放牧酪農場

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(7月30日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●粋人館(すいじんかん)

○昨年オープンしたそば&和食処
 元町長がオーナーで、自ら農薬を使わず育てたそばを使った十割そば。
 半手打ち、半機械うちだが、の八そばのようなツルリとした喉越し。
 つゆは少し甘めな京都風。
 昨年までは古民家を改造した小さな店だったが、今年新築した。
 歌舞伎町で成功した、娘さんになった息子さんの支援。

○お薦めは愛別町で栽培された新鮮なきのこを使った“茸天ぷらそば(900円)”。
 やや細目のそばは程よいコシとホックリとした甘さがある。
 カラリと揚がったきのこの天ぷらがまた旨い。みずみずしくて甘いマイタケ。
 プリッとした歯触りが新鮮さを物語るシメジ。そして強めに揚げた香ばしいエノキダケ。

○ミニナメコおろしそばに玄米稲荷や天ぷら、旬の総菜など手作り料理がセットになった豪華な“粋人館御膳(1,800円)”もお薦め。

○きのこは農薬不使用。米は地元の無農薬栽培。
 夏野菜はオーナーが農薬を使わず栽培したもののみで、農産物など地元特産品の販売もこれから行う予定。
 
●粋人館(すいじんかん)
上川郡愛別町本町174・TEL(01658)6-5077
【時間】11:30~14:00・17:00~21:00【定休日】水曜日
●55席●P有●禁煙●お子様連れ歓迎
※写真付きの詳細はこちらをクリック!
 ↓
粋人館