ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(3月20日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●鳥料理小野木(おのき)

動物園通りにある、創業90年(大正時代創業)の鶏料理専門店

白老産の鳥もも肉のすき焼きをメーンとする鳥鍋コース(4名から・13,000円)
 温泉宿にいるような座敷で卵を溶きながら煮立ちを待ち
室内に割りしたの甘い香りが漂うと食べ頃
タレが染み込んだ大ぶりな鳥肉を卵にくぐらせていただくと想像以上にやわらかく
みずみずしく新鮮な味わいに心奪われ、「すき焼きには鳥肉が一番」と実感!!
他、海鮮サラダや、鳥レバーが苦手な人にも好評なもつサラダ
 鳥もも肉を1本炭火で焼いた新子焼き、和風出しが香る土瓶蒸し
 時間が経っても衣のサクサクで、ジューシーな肉汁があふれ出す千鳥揚げ

○それぞれ単品もあり
鳥鍋2名からの注文で1人前1,200
新子焼き”600円、千鳥揚げ”650円で、テイクアウトも可能

鳥料理小野木
旭川市東旭川北16丁目・TEL(0166)361146
営業時間/11002200
定休日/火曜日・第3月曜日
座敷●P


 

 

 

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(3月6日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●パン・カフェペティ

 ○自家製酵母やイースト菌を使い分けながらパンを焼くカフェ

 ○お薦めは“湯種食パン(350円)”

 小麦粉を熱湯でこね、小麦粉の中のデンプンをのり化させてから焼き上げた食パン

 モッチリとした食感と深いうま味があり、おいしさが長続きする

 噛むほどに味が出てくるスルメのような不思議な食パン

 ○この湯種食パンを使ったランチメニュー“サンドパンランチ(サラダ・スープ付700円)”

 手づくりのサンドイッチがメーンで、一日10食限定

 挟む具材は日替わりで、取材時はBLT(ベーコン、レタス、トマト)に加え

 ふわトロ玉子とチーズが3層の食パンの間にひしめいている

 具材のおいしさもさることながら、湯種食パンの甘さと香ばしさがかむほどに現れ

 食パンそのものがメーンディッシュで、具材はそのおいしさを引き立てるための脇役

 ○パンは全体的にほどよい堅さのハード系や、甘すぎない菓子パン系

 どれもやさしい味わいで、子育て中の母の愛情を感じる

 ちょっと贅沢な普段使いのパンという印象

 

・パン・カフェペティ

 旭川市8条通20丁目

 ●営業日/3月は土・日曜日(2日休)

 ●営業時間/11:00~15:00(カフェ13時まで)

 ●禁煙●P有

 ※4月から火・木・土営業(カフェ火・土のみ)