ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(7月18日放送)

●500回記念コラム

「新しいフリーペーパーに、おいしい店を紹介するコラムを書いて欲しい」そんな依頼を受けたのは、今から10年前のことだった。

当時、北海道新聞旭川支社では本紙“ななかまど”を世に出す準備が進められていて、その依頼はまさしく“旭川ミニぐるめ情報”のことだった。本企画のデザインと、店探し、取材、コピーライティング、撮影を一気に引き受ける条件だ。荷が重く少し悩んだが、食に強い興味があったため引き受けることを決めた。

食に詳しかった訳ではなく、むしろそばや寿司、キノコなど苦手なものだらけで小学生の頃は給食がほとんど食べられず偏食児童と呼ばれていた。そんな自分が時々おいしいと感じ食べられる店がある。その理由がなんなのかは分からないが、その感覚だけを頼りにこの仕事をスタートさせた。

第一回目に紹介した料理が白黒写真の“ゴーヤチャンプル”で、東光の沖縄料理専門店“旨いもの市場旬”のメニューだった。

今でも人気は変わらず、旭川中心部に姉妹店“まーさん堂”もオープンさた。旬のオーナーは言う。

「うちの沖縄そばは本場よりいいダシが取れてるよ」確かに5年前に沖縄で食べたそれよりもうまいのだ。この仕事を10年間続けて来て今思うのが、素材の鮮度やコンディションに気を使いできる限り添加物や化学調味料に頼らず手づくりした料理が最高のごちそうなのではないかと言うことだ。苦手だった食べ物には、共通してそれとは逆の理由があったことにも気づく10年間だった。暑くて料理をするのがイヤなときは、“旨いもの市場旬”や“まーさん堂”に足を運び、沖縄料理で夏を満喫してみてはいかが?
・旨いもの市場旬
旭川市東光3条4丁目☎(0166)33-7585

■営業時間/18:00〜深夜1:00

■定休日/第2・3水曜日

■P有

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(7月11日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●アイスクリーム工房BelleAir(ベレル)
○7月7日、上川町の旭ヶ丘に“森のガーデン”がプレオープン  そのついでに立ち寄って欲しい国道39号に面したスイーツの店「ベレル」
○上川町で農薬を使わず牧草を育て、それを食べた牛の牛乳を低温殺菌し  自然素材にこだわったソフトクリームやプリンを製造販売  “ベレル”とはフランス語で“きれいな空気”を意味→健康的な食の提供をコンセプト
○お薦めは“ソフトクリーム(ミルク、ココア、ココアミックス各250円)”のミルク  牛乳の風味たっぷりで、道産ビートのグラニュー糖の控えめな甘さが素材を生かす  ジェラートのような細氷感が冷たさを一層際立たせる
○牛乳の風味が生きた“アイスクリーム(250円)”もお薦め、地方発送も対応
○“しっとりPudding(プディング・プレーン、カフェオレ各150円)”  控えめな甘さで牛乳の風味が広がり、しっとりとした口当たり
○ほか“大雪高原牛”の肉、朝採り野菜の販売
アイスクリーム工房BelleAir(ベレル) 上川郡上川町北町

・TEL(01658)2-1860

●営業時間/ [月〜土]9:00~18:00・[日]8:00~18:00

●営業期間/4月下旬〜10月上旬 ※上記期間無休・冬期閉店

●P有

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(6月27日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●すぎもとファーム
○自ら肥育した豚肉や、ウインナーやフランクフルトなどの加工品の製造販売
○昨年9月、加工場と併設した直売所をオープンし、新製品3品登場  添加物は酸化防止剤のみのナチュラルな味
○“生ハム(100g630円)”が一押し  ロース肉を赤穂の塩と天然香辛料で味付け、  脂が溶け出し、脂の甘味と濃厚な赤身のうま味が流れるように口の中に広がる  生のままなので冷凍した輸入品とは違い口当たりが極めてまろやか
○“ベーコン(100g420円)”  バラ肉に赤穂の塩と天然香辛料で味付けし、丸2日間燻煙  桜チップを使っているため薫煙の臭いがやわらかで、子どもにも食べやすい  塩気は少し強め、肉の力強さとでも言おうか素材のうま味をガツンと感じる。  ベーコンエッグなど火を通す場合はカリカリにせず、レアが旨い
○“ハム(1本3,150円・ハーフ1,575円)”も旨味が強い
すぎもとファーム  旭川市西神楽2線6号

・TEL(0166)65-9303 携帯090-3770-4565

●営業時間/13:00〜17:00 ●定休日/祝・祭日●P有