ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(6月20日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●天金本店
○創業70年の老舗小料理屋
○愛別町の矢部舞茸園の採れたてマイタケを使った新メニュー(金・土・日限定)
○“洋風天ぷら(900円)”  フレッシュバジルを使ったパスタのようなオリジナルソース  マイタケの風味を生かしながら気品あるバジルの香りが包み込み  塩やしょう油ではたどり着けなかった、まろやかでやさしさを感じる至福の味わい
○“カルパッチョ仕立(900円)”は、湯通しスライスしたマイタケがアワビのような食感  マイタケのみずみずしさとドレッシングの酸味がみごとにマッチ
○“包み焼き(900円)”はカツオと昆布の合わせダシにマイタケとベーコン、チーズ  矢部舞茸園の生キクラゲも添え、塩やミリンなどの味付けに頼らず素材力を生かした  気品あるダシつゆや、ふくよかなマイタケの味わいが味わえる逸品!!
※最近洋食シェフが加わり、新しい味が生まれ続けている
天金本店  旭川市3条7丁目・TEL(0166)22-3220

●営業時間/11:30〜14:30 16:30〜22:30

●定休日/12月31日〜1月3日

●指定駐車場有  ※3,000円以上ご利用で1時間無料

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(6月13日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●らぁ麺十勝平原堂
○帯広から深川に移転した化学調味料不使用のラーメン店  “ミシュランガイド北海道2012”にも載った実力派で、和食出身のご主人
○豚骨や鶏ガラ、トビウオ、アジ、イワシ、ホタテ、カキ、カツオ節、マグロ節、鯛頭のほか  大量の日高の根昆布など思いつくものは全て使ったスープが絶品
○“醬油らぁ麺(730円)”は一口目からガツンとうまく、飲むほどに上質なコクが広がる  化学調味料を使わないラーメンスープとしては完璧だと思う  しょう油やミリン、ハチミツを加えたスープで煮込んだやわらかチャーシュー   ○“日替わりらぁ麺(680円〜)”がある驚き  取材日は牛ダシ100%のコクが効いた“牛つけ麺”で  一口目から雑味のないうま味が心をつかむ
らぁ麺十勝平原堂 深川市4条3番・TEL(0164)22-3755

●営業時間/11:30〜20:00 ●定休日/日曜日●小上がり●P有

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(6月6日放送)

毎週木曜日、お昼の公園通り内 13:00から放送中の 『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●丸巳(矢沢農園)
○東川町の大規模農家  夏の繁忙期は200名、年末の三つ葉の繁忙期には400名のパートを採用
○冷却剤に雪を利用した“雪氷貯蔵庫”で越冬させた“農林1号”  農林1号は昭和12年に北海道農業試験場が品種改良したジャガイモ  収穫期には男爵よりも食味が劣るが、越冬させると劇的にデンプン質が増え糖化し  甘さや風味が男爵をはるかに超えるジャガイモ  粉ふきいもにすると表面が真っ白に粉を吹き、ジャガイモらしい旨味と甘さが際立つ  ビッグハウス、ラルズマートで6月末まで販売  LMサイズ(500g入)とMサイズ(1kg入)がそれぞれ100円程度  九州産の新じゃがを購入している方はぜひお確かめを
○アスパラも今が旬で、L、M混(1kg)が1,980円、Lサイズ(1kg)が2,800円など  送料込みで地方発送も対応している
○雪氷貯蔵庫の雪は秋まで使えるので  収穫した野菜の鮮度を保持しながら流通へ
丸巳(矢沢農園) 上川郡東川町東6号南4番地

・TEL(0166)82-4355 ●営業時間/8:00〜17:00 ●年末年始以外無休●P有