ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(10月19日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●そばと手料理をん坐
○豊岡から神居に移転し、間もなく2年になる手打ち蕎麦の店。
 更科(さらしな)の“白”、殻までひいた“黒”、殻を取り除き挽きぐるみした“緑”の3種。

○秋限定のそば“あさりの塩そば(” 1,350円)
 透き通ったつゆは昆布ダシにあさりのうま味が加えられ、ゲランドの塩が味を一つのまとめ上げている。
 時折黒子ショーの辛味と、オリーブオイルの風味が味にアクセントを与え、
 ダシを利かした小料理屋の味わいとイタリアンの華やかさが融合した魅惑的な味わい。

○定番の人気メニューは“辛味大根のおろしそば(” 950円)。
 つゆに辛味大根を加え冷たいそばをくぐらせ頂くと、ツンとした清涼感の後から
 一般のダイコンにはないうま味にも似た甘さが広がって行く。

○日本酒と一緒に料理を味わいながら締めでそばをいただく本物のそば屋ならではの楽しみ方も“をん坐”ならでは。
 
●そばと手料理をん坐
旭川市神居3条18丁目サンストリート318
TEL(0166)61-8700
【時間】11:30~14:30(LO)・17:30~21:30(LO)
【定休日】火曜日・月2回月曜日
●00席●禁煙●P有

※写真付きの詳細はこちらをクリック!

10/19

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(9月21日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●蝦天(えびてん)
○誰がどう考えても海老天に自信があることは見て取れる。

○ここは迷わず“えび天丼” (みそ汁、漬物付・1,050円)を。
 カラリと揚がったえび天が4本ご飯を覆い隠す。
 ブリッとした歯触りの奥からえびの甘さがジワリと表れる。
 甘過ぎず辛すぎず、えびのおいしさを後押しするタレの仕上がりも見事。
 油の鮮度にこだわっており、胃もたれなし!!
 天ぷらが脂っこく感じ、食べなくなってきた自分が食べても大満足。
 カツオと昆布でダシをとったみそ汁や自家製浅漬けも絶品。

○1番人気は“大えび天丼” (みそ汁、漬物付・1,400円)。
 長さ20センチほどの大えびは甘さが強く食べ応えも抜群。

○高齢者のグループがバスで螧天を食べに来るほど、人気。
 
●蝦天(えびてん)
深川市3条9番6号・TEL(0164)23-2387
【時間】11:00~14:30(14:00LO)
17:00~21:00(20:30LO)
【定休】不定休
●45席●掘りごたつ有●P有

※写真付きの詳細はこちらをクリック!

9/21

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(9月14日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●F YOGURT(エフヨーグルト)

○深川の街並みを見下ろすイルムの丘にあるギリシャヨーグルト専門店。
 ギリシャヨーグルト水分を取り除いた、少し硬めで濃厚な味わいが特徴。

○お薦めはガラスの器に盛り付けられた“いちごヨーグルト(” 780円)。
 濃厚なヨーグルトはもっちりとした食感が口の中で主張する。
 トッピングされた無添加グラノーラと一緒にいただくと腹持ちもよく、食事感覚のヨーグルトといったところだ。
 自家製イチゴソースとハチミツがヨーグルトの酸味と調和し、味わいに深い。

○ハチミツで味付けし急速冷凍した“ヨーグルトアイスパレット(” 1,080円)も絶品。

○生地にヨーグルト練り込んだ“アップルパイ(” 360円)はテイクアウト可能。
 
●F YOGURT(エフヨーグルト)
深川市字音江777イルムの丘聖マーガレット教会敷地内
TEL(0164)26-3200
【時間】10:00~17:00
【営業日】金・土・日曜日、祝日
●27席●小上がり有●禁煙●P有

※写真付きの詳細はこちらをクリック!

9/14

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月31日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●プラスデフェット

○フランス語で「お祭広場」の意味があり、5年間フランスで修業したときの
 アパートがあった近くの駅名を店の名前にしている。
 フランスの他東京の「ミクニマルノウチ」や札幌の「ミシュランガイド北海道2017特別版」掲載店などで修業を積んだシェフ。

○ランチのお薦めは“ガレットのコース(1,080円※クレープ付プラス200円)”。
 ガレットはそば粉の生地に具材を包んだもので、クレープの元になったと言われている。
 生地がモッチリと味わい深く、具材は目玉焼きや、チキン、鮭など4種類。
 特に美味しいのはチキンのクリーム煮を包んだ“ノルマンド”。
 前菜の自家製キノコのテリーヌも抜群に美味しい。

○デュラム小麦の小さな粒をスープにくぐらせる“クスクス(” 850円)も絶品。
○夜は単品メニューとコース料理(3,800円)がある。
 
●プラスデフェット
旭川市5条7丁目フードテラス1階
TEL(0166)74-6005
【時間】10:00~16:00(LO15:00)・
18:00~24:00(LO22:00)
【定休】不定休●34席●禁煙

※写真付きの詳細はこちらをクリック!

8/31

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月25日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●峠そば塩狩きのこ
○名寄方面から行くと、塩狩峠頂上から2キロ手前の店舗。
 和寒産のそば粉8割に小麦粉2割をつなぎに使ったコシの強い二八そばを提供。
 自家製のそばつゆは味わい深く、カツオの香りがおいしさに花を添える。
○山口裕子店長のお薦め“豚みそ醤(じゃん)辛つけ麺” (一口ご飯付・980円)。
 冷たいそばを熱いつゆに付けて食べるタイプだが、このつゆが抜群においしい。
 カツオと昆布の合わせダシをベースに3種の醤(じゃん)、みそ、オイスターに
 豚バラ肉で味に深みを加えたピリ辛仕立てで、濃厚なうま味の奥から辛さが広がる。
 一口ご飯はレンゲに乗せてつゆを染みさせスープカレーのように味わい
 残ったつゆはそば湯で伸ばし最後の一滴まで味わって欲しい。

○サクサクの天ぷらを器に盛り付けた“海老天そば(” 1,000円)をはじめ
 ざるそばやかけそばも十分美味しい。

○“おみやげそば(” 2人前・つゆ付1,200円)
 
●峠そば塩狩きのこ
上川郡和寒町朝日200番地
TEL(0165)32-3001
【時間】11:00~18:30【定休】木曜日
●24席●分煙●小上がり有●バリアフリー●P有

※写真付きの詳細はこちらをクリック!

8/25

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月17日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●カフェマグノリア
○旭神の住宅街に宿根の草花に囲まれた、絵本に出てきそうなかわいらしいカフェ。
 入口前には店名を象徴するマグノリア(もくれん)。8月19日に20周年。
 野菜を中心に新鮮な地元素材を使ったヘルシーな料理が評判。

○お薦めは“マグノリアランチ(” 980円※。ミニデザートとドリンクプラス1,130円)。
 農薬不使用の黒米をブレンドしたご飯と、魚介ダシのやさしいスープ。
 和風スープに野菜や果物のペーストを練り込んだルーが絶品、夏野菜のカレー。
 鶏ガラの寒天に包まれたソーメン寄せ。ピーマンとゴマ油の塩昆布和え。
 甜麺醤(てんめんじゃん)やコチジャン、ニンニクなどをブレンドしたみそダレがクセになる生春巻き。さらに漬物、野菜サラダ、が付く。
 材料だけで30種類から40種類。

○野菜のスイーツも人気。
 お薦めは“トマトのロールケーキ(” カット360円・1本(要予約)1,800円)。
 比布たかだ畑の「ぜいたくトマト」のジャムやトマトゼリー、レモンゼリーをトッピング。
 
●カフェマグノリア
旭川市旭神2条1丁目2-3・TEL(0166)65-4912
【時間】11:30~16:00(LO15:00)
※ランチタイム15:00(LO14:30)
【定休】土・日曜日
●禁煙●28席●P有
 
※写真付きの詳細はこちらをクリック!

8/17

ミニぐるめくんのちょっと美味しい話(8月10日放送)

毎週木曜日、お昼のエンレイだより内 13:00から放送中の『ミニぐるめくんのちょっと美味しい話』で紹介されたお店をご覧いただけます。

●サンベリーむらおか
○名寄で人気のブルーベリー園。
 約5000平方メートルのほ場に、ブルーベリーが約700本。
 入園料は0歳から4歳まで無料。5歳から12歳まで500円。
 13歳以上が700円で、園内で摘みとり食べる分には時間無制限というシステム。

○比較的小粒だが甘味があるものや、
 甘味と酸味が際立つブルーベリーらしさを感じるもの。
 甘味と酸味のバランスが良く大きく育つものなど、園内には15種類ほどのブルーベリー。

○例年8月に入ると枝が折れるほどたわわに実を付けるが、今年は6月の低温で、ほとんど実を付けていない木もあるようだ。例年よりも収穫量は落ちる。
 電話で確認してからいって欲しい。

○通路にはチップが敷かれているのでハイヒールでも歩ける。
 広い遊び場やブランコなどの遊具もあるので小さな子ども連れでも1日遊べる。
 
●サンベリーむらおか
名寄市砺波(となみ)617-1・TEL(01654)2-5319
携帯090-5073-7607
【時間】8:00~17:00【定休】不定休
【開園期間】7月25日~9月中旬
 
※写真付きの詳細はこちらをクリック!

8/10